CBD初心者におすすめのCBDオイル・リキッド|選び方と始め方

当サイトはCBDオイルやCBDリキッドを初めてみたい人、CBD初心者の方向けに基礎知識から使い方までをまとめたサイトです。

大麻草に含まれているカンナビノイド成分の一つであるCBD(カンナビジオール)はリラックスや睡眠改善を始め、様々な効能を期待されて人気が高まっています。

これからCBDを始める方にもおすすめできる商品と選び方を紹介します。

\ CBDMAX公式ページ /
CBDMAXバナー

CBDオイル・リキッドの選び方

CBD製品を選ぶ基準
  • 取り方・摂取方法を決める
  • CBDの濃度
  • しっかりCBDが含まれる製品を選ぶ
  • 価格・コスパ
  • 信頼できるメーカーのもの

CBDのとり方・摂取方法を決める

まずは、どのような摂取方法でCBDを使用するのかを選びます。

CBDの摂取方法は大きく3パターン
  • VAPEで吸う
  • 食べる・飲む
  • 肌に塗る

効果を期待する目的によって使い方を選んでください。

摂取方法を決めた上で、CBDの用途や目的に応じて適した商品を選びます。

CBD製品のおおまかな形状
  • クリーム
  • オイル
  • リキッド
  • ワックス
  • 結晶 など

どの方法でCBDを摂取してもいいですが、基本はVAPEで水蒸気にして吸引する方法が即効性もあり、同じCBDを摂取しても生体利用率が高く効果を体感しやすいです。

VEPEで吸って肺からCBDを摂取

CBDを吸って、肺から吸収する方法です。

オイルを塗ったり食べたりする方法と比較しても、最も即効性のある摂取方法となります。

毎日、食べたり塗ったりしてCBDの効果を実感するのでなく、吸った直後からCBDの効果を体感したい人向け。

リラックスしたいとき、眠りにつく前などに使用されます。

リキッド状、ワックス状のCBDを専用の器具(ヴェポライザー)を使って、気化し吸い込みます。

電子タバコや葉巻のような感覚で手軽に使用できます。

食べたり飲んだりしてCBDを体内に入れる

CBDを口から体に入れる方法です。

食用の油に溶かしたオイル状のCBDを使用します。

  • 舌下(舌の裏側に垂らす)
  • 食べ物に入れて食べる
  • 飲み物に入れて飲む

食べられるCBDオイルを購入してもいいですし、CBDを使った食品を食べてもよいです。

日々少しずつCBDを摂取し体へ蓄積させることで、体調の改善などを目指します。

肌に塗る方法

CBDを肌に塗って使用します。

主に美容目的や、皮膚の疾患に対する効果に期待して使う人が多いです。

CBDを塗る目的例
  • 美容
  • 肌荒れや乾燥
  • アトピーなどの皮膚炎

CBDオイルを購入してそのまま塗ってもいいですし、CBDが含まれた化粧品・クリーム状の商品もあり、どちらも人気です。

塗るだけなので手軽に始められます。

CBDオイルを肌に塗る

CBDオイルを直接肌に塗る使い方もあります。

これも使い方は特になく、ただ塗るだけなので簡単。

CBDが皮膚の角質層の増殖を抑えるという論文もあるようです。肌をすべすべにしたい人にも嬉しいですね。

肌の免疫を活性化させる作用にカンナビノイド受容体が関わっているため、肌の正常化にCBDが一役買ってくれるようです。

ニキビやアトピーに効果を感じている人も大勢いらっしゃいます。

CBDの効果を高めるために、肌に塗るのと舌下で吸収させるのとを両方やることが推奨されています。

オイルを直接肌に塗るのに抵抗がある場合はCBD入りの化粧品クリームなどを使用しても良いでしょう。

CBDクリームは化粧品の成分+CBD

CBDの形状の一つであるクリーム。

CBDクリームやCBDコスメなどと呼ばれますが、CBDそのものをクリーム状にしたというよりは「クリーム状の化粧品の成分にCBDが含まれているもの」と言った方が正しいです。

  • クリーム
  • 化粧品・コスメ
  • スキンケア商品 など

つまり、CBD入りの化粧品です。

海外ではCBD入りの化粧品がたくさん販売されており、既に人気となっていますが、最近では日本国産のCBDクリーム商品も販売されるようになりました。

これまで使ってきた化粧品では効果が物足りなかった人や、より画期的な効能を期待する人はCBDクリームを是非使ってみてください。

他のCBDリキッドやオイルなどと違って、CBD以外の成分がたくさん含まれています。

つまり、他の化粧品と同じで商品によって「どんな効果を期待して作られているのか」が違います。

CBDクリームと言えど、CBD以外の成分で効果が変わってくることは理解しておきたいです。

「CBDが入ってれば何でもいい」ではなく、その商品がどんな成分を入れてどんな目的で作られているかを見て選ぶといいでしょう。

CBDとヘンプシードオイルとは違う

CBDの含有量と製法が違います。

ヘンプシードオイル(麻実油)には極微量のCBDしか含まれていません。

リノール酸やα‐リノレン酸、γ‐リノレン酸などの必須脂肪酸が豊富。オリーブオイルなどのように健康目的で使用する分にはとても良いものですが、CBDの摂取は期待できない。

効果を期待するのであれば、ヘンプオイルでなくCBDオイルとして販売されているものから選ぶようにしたいです。

ヘンプオイルの方が価格が安いので、安さだけで商品を選んで間違ってCBDがほとんど含まれていないなんてことがないよう。

CBDの濃度は自分に合ったものを

CBDオイルには3%、10%などとCBDの濃度が記載されていますが、どれくらいのものが最適かは一概に決められません。

というのも、CBDが体に与える影響は、CBD濃度ではなく摂取量だから。

  • 5%のものを10mlとる
  • 10%のものを5mlとる

これだと、摂取するCBDの量は同じになります。

また、期待する効果や体質によって効き目は個人差がありますので、最適な量というものも存在しません。

基本的には高濃度のものほど、商品の単価は高くなります。

初めてCBDを摂取するのであれば、3%や5%など低めの濃度のものから試してみると良いでしょう。

摂取する量で調整して、それでも物足りないと感じてから高濃度のものを検討してください。

価格・コスパ

CBDは日常的に使用するものであり、かつ一般的なサプリメントなどと比較しても量あたりの値段は安くありません。

とは言え、最初から値段やコスパだけで選ぶ必要はないと思います。

一度使ってみて、今後も続けたいと思った段階でコスパについて考えたら良いでしょう。

コスパのことを考えたら、CBDのオイルでなくワックス状のものを選んだり、CBDクリスタルで自作のオイルを作成するなどの手段も選択肢に入ってきます。

高純度・粉末状のCBDを使って、自作のオイルを作ったり、市販のCBDオイルをカスタマイズしたりできます。

長期的なコスパは良くなる分、最初に必要なデバイスや道具を揃えるなど初期費用が高くつきます。

コスパだけ見ると初心者にとってはハードルが高くなりますので、最初は手軽さで選ぶことをおすすめします。

CBDを日常的に使うようになって、より自分オリジナルな使い方をしたくなったら検討してください。

CBDアイソレート(結晶・クリスタル・パウダー)|高純度のCBDを使いたい時に
CBDにはアイソレート商品があります。 isorate(アイソレート)とは孤立・分離と言った意味で、大麻(ヘンプ)成分からCBDだけを抽出して結晶状にしたものです。 その見た目からいくつかの名称で呼ばれますが、もの(成分)自体は...

安全な品質のもので、信頼できるメーカーのものを選ぶ

CBDは国内外さまざまなメーカー・ブランドから販売されていますが、知名度があり人気なものを選択した方が安全です。

CBDは必ずしも国産メーカーが良いとは限りません。

世界のCBDメーカーと比較すると、国内の医療大麻やCBD事情は圧倒的に遅れています。

中には国産ブランドであることを信頼する人に向けて、割に合わない価格帯の商品を販売しているメーカーもありますので注意してください。

CBDオイルのおすすめ商品

VAPEで始めたい人におすすめ

スターターキットならすぐに始められる

これからCBDを始める人はスターターキットがおすすめ。

CBDのリキッドとヴェポライザーがセットになっているので、届いたらすぐに始められます。

リキッドは3%、5%、10%が選べますが、初めてであれば5%がおすすめ。

楽天、Yahooでも購入できますが、+WEEDの公式サイトから購入すると特典があります。

+WEED公式サイトの特典
  • ヴェポライザー代が無料
    毎月お届けコースを選ぶとヴェポライザー代の5400円が0円になります
  • アトマイザーが毎月1個もらえる
    消耗品であるアトマイザーの購入(約1000円)が必要なくなります
  • リキッドの購入を続けるほど割引に
    +WEEDのリキッドを継続するほどリキッドを安く購入できるようになります

もっと手軽に始めるペン型(使い捨てタイプ)

公式ページ:CBD MAX

※楽天・YahooなどのECショップでは取扱がありません

一般的なペン型(棒状)のヴェポライザーよりもっと手軽なものが使い捨てタイプです。

形状も細くて持ち運びにも便利ですし、リキッドを注入したりする手間もありません。

面倒な使い方など無しで「とりあえずCBDを吸って体感したい」人に最適。

CBDオイルを使ってみたい人

人気CBDブランドの一つKoiのオイル。

フレーバーは好みになるので好きなものをどうぞ。

オイルを1本使い切ったら、自分の好みに合わせて濃度などを調整して2本目を選んでください。

CBDを肌に塗りたい人におすすめ

有名メーカーでCBD入りのクリームは、ヘンプタッチ社のセラピューティックCBDスキンバームくらいです。

他にもあるにはありますが、国内では入手しづらいでしょう。

肌に塗ってCBDを試してみたい人はこちらをどうぞ。

オイリー肌用と普通肌/敏感肌用との2種類があります。

CBDはどこで買うのか

主なCBDの購入店舗
  • CBDの専門ショップ、VAPE取扱店
  • CBD商品のメーカーから直接購入
  • 楽天やYahooショッピングなどのネットショップ

買い方によって大きく値段が変わることもありませんので、基本的にどこで購入しても問題ありません。

普段から楽天・Yahooを使用している人はそちらで購入するのが買いやすいでしょう。

会員特典があったり、新商品をいち早く手に入れたい場合は、専門ショップやメーカー直での購入を検討しても良いと思います。

CBDの購入方法|どこで売られているのか?Amazonで購入できない理由
日本国内でCBDが購入できる通販サイト・インターネットショップを中心にまとめます。 特に理由がなければ大手ECサイトで購入するのが買いやすいと思いますが、メーカーが直接販売しているサイトもあります。 海外のCBDメーカーの場合は...

CBDのQ&A

CBDは違法じゃないの?

カンナビジオール(国際一般名:Cannabidiol)、略称CBDは、麻に(薬用の大麻以外にも)含まれる、少なくとも113あるカンナビノイドのひとつ。主なフィトカンナビノイドで、麻の抽出物の計40%までの割合を占めることもある。アメリカで商品名エピディオレックスで医薬品として承認された製品もある

Wikipedia

麻には非常に多くの成分(カンナビノイド)が含まれており、その成分の中の一つであるカンナビジオールのことを略称としてCBDと呼んでいます。

当サイトでもCBDと記載します。

CBDオイルやCBDリキッドというものを聞くけど詳しくは知らない方。

大麻とCBDの違いや、どんな取扱使われ方をしているかなど、CBDについて深く知りたい方は以下をご覧ください。

CBDとは?違法大麻との違いや法律、使われてきた歴史を詳しく知る
違法のイメージがある大麻との違い そもそも大麻草とは「アサ(麻)」とも呼ばれるアサ科の植物です。 この大麻草にはカンナビノイドと呼ばれる成分が113種類以上あり、その成分によって人体への影響や効果が変わります。 一般的に違法の...

CBDは何に効くの?

CBDの効能は非常に多岐にわたります。

実際に医療現場で大麻の成分が使用されている項目や、CBDを使っている人達の口コミなどをまとめています。

CBDを使う前に、自分が期待する効果があるのかどうかを確かめたい方はどうぞ。

CBDの効果と体感できる口コミまとめ|副作用もほぼ無く安全性も高い
CBDには数えきれないほど多様な効果が期待されています。 医療大麻が実際にどのような疾患に対して利用されているのか 主に認められているCBDの効能 CBDを使っている人が実感している効果 についてまとめます。 ...
タイトルとURLをコピーしました